office-39

泥棒は狙っている

空き巣に入られたことがあるあなた!!
空き巣に入られたのは「たまたま」とか「運が悪かった
なんて思っていませんか?


それは大間違い!!
泥棒は最初からあなたを狙っていたのです!


泥棒にとって一番怖いのは「捕まる」こと。
どうしたら捕まらないか常に考えています。
足跡や指紋を残さないのはもちろんですが、
一番気を付けているのが「見られないこと」。
当たり前だと思うでしょうが、これが一番重要なのです。


だから誰にも見られずに空き巣に入るにはどうするかと
常に考えているのです。


そのために泥棒が行うのが「下見」。
家人が留守の時間帯はもちろん、近所の人の行動まで調べ、
監視の目がないことを確かめるのです。


たとえば「ゴミ出しの日には必ず近所の人が集まって井戸端会議をしている」
とか、
「回覧板を届けると必ずおしゃべりをして帰ってくる」
さらには、
「定期的に近所の人がみんなでどこかの家に集まってお茶会をしている」

などなど、監視の目がなくなる瞬間を常に探しているのです。


長いときには数ヶ月も監視を続けることもあるとか。


つまり、
ゴミ出しの時にカギをかけないあなた
近所に出かけるときはカギを閉めないあなた
近所の人とすぐに長話をしてしまうあなた
泥棒は全てを知り尽くしたうえでやってくるのです。


私だけは大丈夫!そんなことは決してありません!

泥棒はあなたを常に狙っています!

投稿日:2017年3月16日